Doorkeeper

本が出るまで待てない!? Gradleハンズオン - G*ワークショップZ Oct 2014

2014-10-24(金)19:00 - 21:00
H.Nakayama Eiji Ito t-zushi shikiyak ry0u Seijiro Ozawa Shuntaro Hara nobeans Shinichi Kodama naga mkawa Tsunenobu Kai 中村 慶 須貝俊 ザネリ okano shinobu + 46人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
ワークショップ後に任意参加の懇親会を予定しています(参加費4000円前後)。

G*ワークショップZは日本Grails/Groovyユーザーグループの定例イベントです。Java仮想マシン上で動作するGroovyGrailsGradleSpockvert.xといったG*技術をテーマに、ハンズオンやコードリーディングなど参加型の内容を金曜日に開催しています。

G*ワークショップ"Z" 第16弾は

Gradleハンズオン

予定の内容

今年7月にメジャーバージョンアップとなる2.0に進化したGradleですが、先月早くも2.1にバージョンアップしました。
今回は来月11/4に発売が決定しました『Gradle徹底入門』の執筆陣(@masanobuimaiを除く)が、Gradleの最新動向とハンズオンをお届けします。ハンズオンを通じて、最新のGradleを体験しましょう!
参加者には特典があるかも!?お楽しみに!!

メインセッション

  • Gradle イントロダクション&最新動向
  • Gradle ハンズオン 基礎編/発展編

報告&LT

  • G*ワークショップ Z 札幌 2014 開催報告
  • 『Gradle徹底入門』発売決定記念!? レビューアLT

(合計で約二時間弱)

講演者紹介

須江 信洋( @nobusue )さん
林 政利( @literalice )さん
綿引 琢磨( @bikisuke )さん

懇親会について

品川インターシティの青蓮で行います。懇親会キャンセルされる方は当日19時までにお知らせください。

会場について

http://www.ntts.co.jp/event/map_seminar.html

初めていらっしゃる方には特に注意していただきたいのですが、2階スカイウェイからの品川グランドセントラルタワーへの入口は2つあり、片方は日本マイクロソフトさん専用の入口になっています。

会場へは、2階受付カウンターでゲストカードを記入して頂き、ゲートを通ってエレベーターで17階へお越し頂くかたちになります。

会場ではゲスト用無線LAN(802.11a)が利用可能です。不安定な場合もあるようなので、モバイルルータ等をお持ちの方は持参いただくと安心かもしれません。

足元の電源は自由に利用できます。Macのアダプタが挿しにくい場合には、タップの用意もあります。

ハンズオン参加の準備について

参加予定の方には以下の事前準備をお願いしたいです。

JDK6以上 (8u5推奨)

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

gradleインストール

http://www.gradle.org/downloads

入場に際して、doorkeeperのQRコードの提示やプリントアウトは不要です。

コミュニティについて
日本Grails/Groovyユーザーグループ

日本Grails/Groovyユーザーグループ

日本 Grails/Groovy ユーザーグループ (Japan Grails/Groovy User Group = JGGUG = ジェイガグ) は, 動的プログラミング言語 Groovy や, その上に構築されている Web アプリケーション・フレームワーク Grails, ビルドフレームワーク Gradle など, G*系技術全般に関するユーザーグループです. 公式サイトはこちら:...

メンバーになる